地籍調査支援システム

一筆調査支援

一筆調査前に行なわれる法務局での事前調査のデータと、一筆調査後の情報を簡単に入力することができます。入力画面は日頃お使いの地籍調査票をイメージして作成されているため、直感的に作業を進めることができます。

調書の作成・印刷機能

地籍簿や字別地番一覧表などの法務局提出資料から地積測量総括表などの認定提出用資料、地籍一覧表などの管理用資料など、地籍調査に必要な様々な資料を簡単に作成、印刷できます。

入力補助機能

調査後の異動事由を、一筆地の分筆・合筆等の異動処理から自動的に登録することができます。また、所定のCSV形式のデータにより異動事由を取り込むこともできます。
調査後の面積及び地図番号は、従来の弊社独自フォーマットに加え、地籍フォーマット2000から取り込むこともでき、一筆ごとに手入力する手間を省けます。

調査図作成機能

公図等のラスタデータを取込み、筆界を結線し、土地情報を付与することで、調査素図の作成ができます。各筆ごとに立会情報を登録することもできますので、図面を使った立会日程計画を立てられます。また、調査後の杭情報の登録や、筆の分割・合成といった調査図作成も行なえます。

立会準備支援

立会通知書や立会者出席簿、一筆地調査標札や地籍調査票など一筆地調査立会時の関連資料を簡単に作成することができます。タイトルや文面など自由にカスタマイズすることができます。

測量成果の取込・図面出力

測量成果を取り込むことにより、一筆地調査の調査後地番との照合チェックや、面積・地図番号の転送も行なえます。取込後は、一筆図や隣接図の出力もでき、調査結果閲覧時の図面確認や、調査完了時点の成果保存用に利用できます。