協同測量社

社員の声09 総務財務部・経理課 Tさん

「協同測量社は女性に対しても優しい会社」

入社したのはいまから30年ほど前です。いまではパソコンがあたりまえですが、その頃は手書きかタイプで書類作成をしていました。電話もダイアル式でしたから、かかってきた電話を担当者に取り次ぐだけでも大変な仕事でした。担当者がそばにいなければ、その人を探しに社内をかけまわっていたので、お客様をお待たせすることもたびたびありました。「叱られるのではないか」という心配があったので、受話器を取る時はいつもドキドキしていました。それでも、「ありがとう」とお客様から優しいことばをいただいたときには感激しました。「がんばらなくては」と自分を励ましていたのを覚えています。

新入社員の頃、協同測量社には最新の技術設備が整っていて、地元の職業安定所の企業見学の対象に選ばれていました。就職担当の学校の先生方が社内を見学されている光景を見て、「ウチの会社ってすごい会社なんだ」と感じたことも。

「協友会」という社内の親睦会があって、会社の人たちとお花見や海水浴に行きましたし、運動会もありました。アットホームな感じで、みなさんとても親切でした。何よりもうれしかったのは、結婚して出産しても同じ職場で働くことができたということです。産休制度はありましたが、あの頃は結婚して出産すると職場に戻りづらいという一般的な感覚がありました。でも、協同測量社は女性に対しても優しい会社でしたから、何も心配しないで職場に復帰することができました。いまは経理事務や物品購入の担当の管理職になりました。とても幸せです。「協同測量社に入社してほんとうによかったね」と母からもいわれます。私も心からそう感じています。

担当業務は直接売上に関係する部署ではないので、技術や営業の社員のみなさんが快適に働いていただけるようにと職場環境の改善に努めています。社長を始め全社員で「変革・改善」を意識して日々努力されています。私も自らの課題として、「経営審査評価」のアップのために何をしたらいいかと現在模索中です。