協同測量社

社員の声04 地理情報部・補償調査課 Iさん

「資格取得支援の体制が整っているので、私のやる気次第でキャリアアップ」

入社して6年が経ちました。中途採用で入社したのですが、採用の面接で協同測量社を訪問した時に感じたことを正直に言います。「人の気配がない暗い会社」と思いました(笑)。でも、入社してから気づいたのですが、技術職のみなさんは現場に出向いているのだから、社内に人が少なくて静かなのはあたりまえだったのですね。

採用されて、すぐに補償調査課に配属になりました。調査資料とパソコンを渡され、建物図面作成の指示がありました。同じ課の人は連日現場に出張しているので、分らないことがあってもすぐに聞くことができません。私ひとりで慣れないCADソフトを使って、試行錯誤を繰り返しながら図面を描いていました。どうしても自分で解決できない作業上の疑問点については、上司が現場から帰ってくるのを待って、その日のうちに解決するように努めていました。現場から戻ってきて疲れているのに、上司は嫌な顔ひとつせず丁寧に説明してくださったので本当に助かりました。

いまは用地買収に伴う補償対象物件の調査、図面作成、算定を行っています。その中でも建物図面の作成が主な業務です。仕事を任せていただけるようになったのも、あの時の上司や課員のみなさんの指導のおかげと感謝しています。何か分からないことがあれば、忙しくても手を止めて相談にのってくださいます。悩んでいて元気がなければ、気にして声をかけてくださいます。それに救われることが何度もありました。技術を継承していく上で、これからも人間関係とコミュニケーションを大切にしていきたいです。

入社してからSXF技術者と測量士補の資格をとりました。資格取得支援の体制が整っているので私のやる気次第でキャリアアップができます。会社の手厚い支援に応えるためにも、「落ちるわけにはいかない」というプレッシャーを自分にかけて、これからも資格取得に挑んでいきます。

取りたいと思って勉強してきた資格がありました。私が携わる業務に必要不可欠な補償業務管理士というマニアックな資格です(笑)。おかげさまで合格しました。