協同測量社

ニュース&トピックス

2016.07.21

T206Hの計器

IMG_1919.JPGT206Hの操縦席にある特別な計器を紹介します。ガーミンG1000です。これは飛行に関係する高度や速度、位置等、膨大なデータを処理して操縦士に表示する計器で、操縦の負担を軽減して安全な運航に役立っています。写真で明るく見えるのがそれです。2つのディスプレイのうち、左がPrimary Flight Display 右がMulti-Function Displayです。
あと、当社のT206HにはDME(Distance Measuring Equipment)という、無線通信により航空機と地上局との距離を測定する装置もオプションで搭載しています。